和田アキ子、コロナ収束ムードを疑問視 「表でご飯食べたい」と本音も

和田アキ子がコロナ収束ムードが広がる現状を危惧。一方で、楽観論も口に。

2021/11/06 14:45

和田アキ子

6日放送の『ゴットアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)で、和田アキ子がコロナ収束ムードの現状を危惧した。



 

■コロナ収束ムードを疑問視

オープニングで「秋晴れというか、風もね、そよそよと吹いていい感じですよ」と話す和田。アシスタントの垣花正が「昨日と同じように、だいたい最高気温は20℃ということで、絶好の行楽日和」と語る。

すると和田は「行楽日和ってさ、コロナのね、なんていうんですか、解禁? っていうか。(解禁)して、高速道路の料金も安くなっていたりとかね、土日。もうみんな表に出なさないってことなの?」とコメント。

和田の疑問に垣花は「出ていいと判断している方が多いんじゃないですか?」と話していた。


関連記事:和田アキ子、昭和と現代の金銭感覚の違いを語る 垣花正が驚く場面も

 

■外国の現状も口に

さらに和田は「今、ニュースを見ると、隣国の韓国なんてすごいことになっているでしょ? 1日2,000人とか」とコメント。

垣花が「お隣ですらまだ2,000人ですけど、ヨーロッパに行くともっと大変ですよね」と話すと、「ロンドンとかね。大変ですよ。だって国民の75%ぐらいがワクチンの接種が済んでいるって。ちょっとどうなんでしょうか」と危惧した。

和田アキ子『YONA YONA DANCE』【Amazonでチェック】

次ページ
■「表でご飯を食べたい」を本音も
旅行和田アキ子ニッポン放送垣花正新型コロナウイルスいいかげんに1000回
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング