二酸化炭素が2年で石に変わる? アイスランドで進むプロジェクトがスゴい

自然環境では数百年かかる工程を、2年で完了? 画期的な方法が生まれていた。

2021/11/07 04:30

二酸化炭素・削減

空気中の二酸化炭素だけを取り出してどこかに封じ込めることができたら、地球温暖化を食い止めることはできるだろうか。

『Tech Xplore』『The Washington Newsday』などの海外メディアによると、アイスランドの火山のふもとでは日夜、二酸化炭素を「石」に変える作業が行われているという。



 

■空気から二酸化炭素を除去

アイスランドとスイスの企業が提携して生まれた新興企業『Climeworks(クライムワークス)』は、アイスランド語でエネルギーを意味する「Orca(オルカ)」という名の巨大なプラント施設を、アイスランドの火山の麓に建設した。

このプラントでは、地球温暖化の原因とも言われる温室効果ガスの6割以上を占める二酸化炭素を、空気中から恒久的に除去する作業が行われている。


関連記事:海岸に大量に打ち上げられたカツオノエボシ 美しすぎる猛毒生物に注意喚起

 

■数百年かかることが2年に

「Carbfix」と呼ばれるこの方法は、空気中から回収した二酸化炭素を一度水に溶かし、パイプで約3,000メートルの地下に送り込む。すると二酸化炭素は、玄武岩の層に含まれるカルシウムやマグネシウム、鉄などと反応し、石灰化した白い結晶へと変化する。

こうしたプロセスは自然環境下でも発生するが、通常であれば数百年かかる二酸化炭素の凝固が、この方法では2年ほどで完了するという。

次ページ
■地下深くに封印

【高精度 CO2 測定器モデルⅡ】 Kimwood 二酸化炭素濃度測定器【Amazonでチェック】

地球温暖化話題コストアイスランド翻訳記事二酸化炭素温室効果ガスClimeworksOrcaCarbfix石灰化
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング