NY州弁護士会の学生論文準優勝者は三流卒で司法試験合格 小室圭さんとの違いは?

ロースクールのランキングや受賞歴以外で、何か大切なものが高く評価された試験なのでは…。

2021/11/08 20:00

小室圭

アメリカ・フォーダム大学ロースクール在籍中に、ニューヨーク州弁護士会「ビジネスロー部会」主催の学生向け論文コンテストに参加し、2020年度には優勝した小室圭さん。

そのとき2位となったジョゼフ・ロッセロさんは、ランキングでは三流と見なされているロースクールの新卒だが、このたびの司法試験には見事に合格していた。

学内の栄誉な賞に輝いて誰もが欲しがる奨学金を獲得し、学生論文コンテストで優勝した小室さんが不合格で、なぜジョゼフさんは合格したのだろうか。



 

■経歴が似ている2人

ジョゼフ・ロッセロ(Joseph Rossello)さんは、じつはここまでの経歴が小室圭さんとよく似ている。2014年から2018年まで通ったニューヨーク州立大学オネオンタ校では経営学を専攻し、卒業後にロースクールへ進み法務博士号を取得した。

その後は、2つの法律事務所で弁護士の秘書やパラリーガルとして働き、今年7月にニューヨーク州司法試験に初めて挑戦。10月28日には『LinkedIn』で合格証明書の写真を公開し、世話になった人々への感謝の気持ちを述べた。


関連記事:NY州司法試験では厳格な身辺調査も 小室圭さんが求められる申告と説明

 

■売り込みに徹した小室さん

経歴こそ似ている小室さんとジョゼフさんだが、ニューヨーク州弁護士会主催の学生論文大会に寄せた自己紹介の文章から、性格はまるで異なることを感じさせる。

小室さんは「東京の法律事務所と外国為替銀行に勤務経験があり、証券外務員の有資格者として外国籍の法人の融資と外国為替取引を担当し、財務分析を行っていました」と記している。

さらに「弁護士事務所『ローウェンスタイン・サンドラー(Lowenstein Sandler)』では起業、新興企業、投資家、ベンチャーキャピタルの資金調達、M&A、事業体の形成、および企業問題全般について相談に乗ります」とも続け、とにかく有能で、何でもできそうな印象をアピールしているのだ。

次ページ
■インターン経験に大きな差

8時間睡眠でも司法試験に合格した人の「超」効率勉強法【Amazonでチェック】

小室圭Linkedin翻訳記事小室眞子ニューヨーク州司法試験フォーダム大学ロースクールジョゼフ・ロッセロ論文コンテスト
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング