カルビーも絶賛した本物そっくり”ポテチ立体画” 完成まで15時間の超力作の描き方

作者は「ポテチのパッケージのクシャクシャ感を出すのに、とくに時間がかかった」と話す。

2021/11/08 17:45

ポテチ立体画

「ポテトチップス」の歴史は、1853年、米ニューヨーク州のサラトガ・スプリングスにある、ムーン・レイク・ハウスホテルが発祥の地との説がある。

レストランの客が「フレンチフライを厚く切りすぎだ」と言い出したため、コック長が紙のように薄く切ったじゃがいもを揚げたことがはじまりだという。そんなポテチを模した、本物そっくりの立体画が話題を呼んでいる。

【動画】本物そっくりポテチ立体画


画像をもっと見る

 

■完成まで15時間

色鉛筆画家のARIAさんは、普段は会社員をしており、休日を中心に立体画を手掛けている。画家歴は5年で、今までに50の立体画を完成させたが、1作品が完成するまで約10日間トータル12時間かかるそうだ。

ポテチ立体画

今回のポテチ立体画は、とくに時間がかかった作品で、完成までに15時間を要した。

しらべぇ編集部の取材に対して、「ポテチのパッケージのクシャクシャ感を出すことが大変だった。また、最後に影を付けたらより立体的に見えたので、これはイケると思った。描いている最中も常に試行錯誤」と語った。


関連記事:どう見ても本物のコーラ瓶、じつは色鉛筆で描いた絵 「描き方をネットや動画で学んだ」

 

■遠近法活用

まず、ポテチの実物を角度を変えて50枚程度撮影。そのうちの1枚をアイスキャナーというアプリを使って長く引き伸ばす。それをもとに構図を計算しながら色鉛筆画で描いていき、最後は遠近法を使って立体的に見せるそうだ。

ポテチ立体画

次ページ
■カルビー公式も絶賛

カルビー ポテトチップス 限定を含む 3種セット【Amazonでチェック】

Twitter動画アメリカ会社員ポテトチップスカルビー公式パッケージ色鉛筆立体画
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング