加藤浩次、18歳以下への給付金案に疑問 「大学生も子供って考えたら…」

加藤浩次が「18歳以下への給付金」案に疑問。視聴者からは反響が。

2021/11/09 13:05

極楽とんぼ・加藤浩次

9日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、公明党の「18歳以下への一律10万円相当の支給」案について特集。番組MC・加藤浩次が疑問を呈した。



 

■18歳以下へ一律10万円相当を給付

この日の番組では、公明党が18歳以下への一律10万円相当の支給する「未来応援給付」を提言していることについて特集。自民党は、理解を示しつつも所得制限の必要性を主張している。

給付方法については、全額を現金で支給する案に加え、子育て関連に使途を限定したクーポン券などを組み合わせる案が浮上している。


関連記事:高市早苗政調会長、18歳以下の給付金報道を否定 公明の目玉公約に調整難航も

 

■真麻は「不公平の声があがっても…」

この問題についてフリーアナウンサーの高橋真麻は、「我が家は18歳以下の子供がいるので、10万円もらったら嬉しいな、助かるなって気持ちだったんですけど、独身の方とかお子さんがいない方とか、18歳以上のお子さんをお持ちの家庭からは『どうして』『不公平』って声があがっても仕方ないと思う」とコメント。

続けて「具体的にどう使うのかっていうのは、各ご家庭の判断になる」としつつ、「今経済を回すためにお金を使ってくださいなのか、教育とかにお金がかかるから、これを元に積み立てましょうなのか。方向性もよくわからない」と指摘した。

次ページ
■加藤浩次が感じた疑問

『MC論 - 昭和レジェンドから令和新世代まで「仕切り屋」の本懐』【Amazon】

テレビ自民党加藤浩次高橋真麻スッキリ公明党給付金
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング