米国で複数の小児に成人用コロナワクチンを誤接種 承認前の見切り発進で…

誤接種を防ぐため、ファイザー製小児用ワクチンのバイアル瓶は、キャップの色がオレンジになる。

2021/11/10 07:00

注射・ワクチン・接種

米国疾病予防管理センター(以下CDC)が今月2日、同国の5~11歳の子供たちへのファイザー製ワクチンの接種を正式に承認した。そんな中、危険な誤接種がテキサス州のある町で発生していたようだ。

地元メディアの『KXAN News』『WVYM13 News』『KTVT-TV』などが伝え、全米に拡散している。



 

■危険な見切り発進

問題が発覚したのは、テキサス州ガーランド市の保健当局があるバプテスト教会の敷地に臨時に開設し、新型コロナウイルスワクチンの接種を専門とするクリニック。そこで10月31日、成人用のワクチンを幼い子供たちに接種していたことが明らかになった。

これは、CDCが「5~11歳についてファイザー製ワクチンの接種を承認する」と発表した2日前のことで、危険な見切り発信だったことにも非難の声があがっている。


関連記事:舛添前都知事、医療関係者への3回目接種を要請 「総選挙後の最初の課題」

 

■看護師が接種を奨励

メディアの取材に、保護者たちは「クリニックには看護師が2人いて、6歳なら接種をと勧められた」「私の7歳の息子、それに隣家の息子も受けた」「4歳と6歳の子を連れて行ったら、『6歳なら適格』と言われた。1日は副反応に苦しんだ」などと回答。

かかりつけの小児科医に相談し、健康状態を確認してもらいながら、今後も日常の様子をチェックしていくことになるという。

しっかりわかる ワクチンと免疫の基礎知識 (池田書店)【Amazonでチェック】

次ページ
■瓶のキャップに違いあり
新型コロナウイルス翻訳記事ワクチン接種ファイザーテキサス州米国疾病予防管理センター誤接種小児用ワクチン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング