新潟駅に突如出現した落ち葉アート 市の担当者は「偶然が重なった奇跡的な写真」

撮影者は「何の気なしに見たらあったので、思わず笑ってしまった」と語った。

2021/11/10 14:45

新潟駅前落ち葉アート

先日、神奈川県川崎市にある江戸時代初期創建の「若宮八幡宮」職員による、落ち葉アート(鬼滅の刃・煉獄さん)を取材した。今度は、JR新潟駅前に突如出現した「ほっこりアート」が、SNS上で話題を呼んでいる。

【画像】JR新潟駅南口の落ち葉アート投稿



 

■作者は不明

投稿者の亮さんがこのアートを発見したのは、7日午後3時頃で、場所はJR新潟駅南口の駅前広場。しらべぇ編集部の取材に対して「あまり頻繁に行くわけではないが、いつもあるものではないと思う」と話す。

また、「何の気なしに見たらあったので、思わず笑ってしまった」と語った。なお、作者は不明だという。


関連記事:京都で発見された小さな秋の絶景が話題 「グラデーションがすごい…」

 

■管理者は驚き

新潟駅南口駅前広場を管理する、新潟市中央区役所建設課の担当者は取材に対して「今、初めて知った」と驚きを隠せない様子。普段は落ち葉を業者が定期的に清掃しているそうだ。

「誰がやったかはわからないが、風が吹いていたら飛んでしまうわけで、相当な偶然が重なった奇跡的な写真だと思う」と話す。

また、この場所を使用する場合は、通常申請が必要とのことだが「今回のケースは目くじらを立てるようなことではないと考えている」と語った。

次ページ
■優秀な土地改良剤

落ち葉の呼び名事典【Amazonでチェック】

アート市役所新潟市話題落ち葉新潟駅区役所煉獄杏寿郎駅前広場
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング