シベリアンハスキーを迎えたはずの一家 まさかのキツネを売られて大混乱

ある一家が「純血種の犬」だとして買わされたのは、予想外の生物だった。


 

■飼い主も近隣住民も疲弊

キツネの飼い主であり、男の子の母親のマリベル・ソテロさんは、「時に、4~5匹のモルモットを食べてしまうこともあり、そのお金も払わなくてはなりません」「純血の子犬だと思っていたのに」と嘆いた。

近隣住民も、飼っている動物が食い荒らされることに加え、生活圏内に残る強い糞尿の臭いについても辟易している。「飼い主一家も困り果てているので、助けが必要です。捕獲して野生に返さなくては」と語っているそうだ。


関連記事:壇蜜、逃走ニシキヘビ捕獲に関わった専門家の素顔を激白 「差し入れでヘビをくれた」

 

■捕獲後は動物園へ

飼い主一家から通報を受けた行政は、キツネを捕獲したあかつきには、ウアチパ動物園で生涯を過ごさせることを計画している。

しかし群衆がキツネを追い払ってしまうため、捕獲は難航しているという。

・合わせて読みたい→北海道で遭遇率ナンバーワン野生動物「キタキツネ」 近づくと感染症のリスクも

(文/Sirabee 編集部・原田パラン

きつねと私の12か月(字幕版)【Amazonでチェック】

ペルー話題キツネリマ翻訳記事シベリアンハスキー金銭補償ウアチパ動物園
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング