体外受精時に受精卵を間違われた2組の夫婦 生後4ヶ月で互いの子を交換

受精卵の戻し間違いにより翻弄された夫婦と赤ちゃんたち。関係者全員が、難しい決断を迫られた。

2021/11/13 07:00

体外受精

体外受精で妊娠、出産した夫婦。何かがおかしいという疑念をぬぐい切れずにDNA鑑定を行うと、他人の子供だったことが判明した。『Daily Mail UK』など海外メディアが報じている。



 

■生まれた時からの違和感

音楽家のアレクサンダー・カーディナーレさん(41)とその妻ダフナさん(43)は、2019年9月、5歳の長女に続く第2子となる女の子を出産した。

しかしアレクサンダーさんは、生まれてきた赤ちゃんを見て瞬時に、「自分にも妻にも似ていないな」と感じたそうだ。

そしてダフナさんも「私たちと全然違って見えたのです。でも、自分のお腹で育てて出産したので、親しみはありました」「何も問題ないのだと、夫と自分自身を説得しようとしていました」と、当時の心境を語っている。


関連記事:代理母出産の子供20人に乳母16人 「大家族」を夢見る富豪夫婦にSNSは賛否両論

 

■他人からも指摘された違い

夫婦はなんとか納得しようとしたものの、体外受精で授かった子であることからも、疑念を拭うことができなかった。さらに赤ちゃんを見た人たちから、「全く似ていない」「そもそも人種が違うように見える」などと言われたことで、追い打ちをかけられたという。

だが疑念や他人の声をよそに、赤ちゃんにメロメロになった夫婦は、ともに過ごす時間を至福と感じていたそうだ。

次ページ
■クリニックから突然の連絡

赤ちゃんが欲しい「体外受精」総力特集号【Amazonでチェック】

赤ちゃんDNA鑑定血縁関係クリニック受精卵体外受精医療過誤翻訳記事人種
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング