スピード違反取締りカメラに尻さらし逮捕 余命6年の男性が「自由にふるまいたい」

「俺は病気なんだよ」と言ってみたものの、警察は許してくれなかった。

2021/11/14 05:45

スピード違反・カメラ

「もう長くは生きられない」。医師にそう聞かされた男性が、やってみたいと思っていたことに挑戦しようと決意。そのうちのひとつを試したところ逮捕されてしまったことを、『Metro』などイギリスのメディアが伝えた。



 

■「余命約6年」で芽生えた野望

イギリスで暮らすダレル・ミーコムさん(55)が、先月にかかりつけの病院へ行き「多系統萎縮症を患っています」と宣告された。

腎臓疾患などもあるダレルさんの余命は、約6年。「死ぬ前に絶対にしたいことをリストにまとめておけば?」と妻(36)に勧められ、「そうだ、スピード違反取締りカメラに尻をさらしてやろう」と考えた。

過去に何度かスピード違反で痛い目にあったダレルさんは、以前から「コソコソ監視されて腹が立つ」「一度はカメラに生尻を向けて侮辱してやりたい」と考えていたのだ。


関連記事:「女性からのセクハラ」に法律は甘い? 男性の尻を叩いた女が実刑回避で批判噴出

 

■尻をさらし大騒動に発展

5日、ダレルさんは買い出しに行く妻に同伴。妻が店に入るとすぐに車から降り、近くに設置してあった違反取締りカメラに尻をさらした。“復讐”を終えると満足し、良い気分で帰宅したようだ。

しかしその約20分後、映像を確認した警官隊がダレルさん宅に急行。いきなり手錠をかけられたダレルさんは、「俺は重病人なんだぞ」「尻をカメラに向けただけじゃないか」と騒いだが許してはもらえず、そのまま署に連行された。

事情聴取のあと、ダレルさんは保釈金を払って自宅に戻ったという。

次ページ
■「またやるぜ」と決意新たに

最高の生き方 幸せが訪れる「余命3カ月の発想」【Amazonでチェック】

逮捕余命スピード違反翻訳記事多系統萎縮症
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング