大人気店スタッフが痛快リベンジ 抗議文をドアに貼り集団ストライキ

「もう無理です」と書いた紙を堂々と…。安い報酬にブチ切れたスタッフが、行動を起こした。

ストライキ・ガッツポーズ

「ここで働き続けても自立はできない」。そう考えたスタッフが、店への不満を書いた紙を用意。それをドアに貼って客にさらし、抗議した。その内容、また世間の反応などについて、『The Sun』など海外のメディアが伝えている。



 

■スタッフの不満が爆発

アメリカ・ミネソタ州のショッピングモールに、若者に大人気の店がある。しかしスタッフたちには、大きな不満がひとつあった。それはずばり、給料が安いこと。そこでスタッフたちは話し合い、「みんなでストライキするのはどうだろう」と思いついた。

一生懸命にがんばっても、まともな報酬が得られない職場。不満を募らせたスタッフは、ストライキを宣言する紙を店の入り口に貼り、上層部にぎゃふんと言わせることにした。


関連記事:くりぃむ上田、ZAZYのスタッフへの不満に爆笑 「スタッフさんが僕の前で…」

 

■ドアに貼られた紙

張り紙には「営業終了」という言葉に続き、「スタッフのほぼ全員が出て行きました」「この店の報酬では暮らしていけないからです」「自立も無理だし、家族を養うこともできません」「懸命に働きましたが、もう無理です」といった文章がずらりと並んだ。

またスタッフにやりがいを重視するよう求めて、低い報酬のまま雇用していたとみられ、紙には「“やりがい搾取”はダメですよ」という言葉も添えられた。これを何者かが撮影してSNSにアップすると、あっという間に拡散された。

ストライキ2.0 ブラック企業と闘う武器 (集英社新書)【Amazonでチェック】

次ページ
■世間の反応
SNS店員張り紙話題やりがい搾取報酬ストライキ翻訳記事営業終了一時閉店
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング