未納の給食費28万円を「全額払いましょうか?」 4児の父の申し出に学校は…

学校側も苦労している給食費未納問題。男性の申し出はありがたいが、「それで良いのか」という声も。

2021/11/17 06:00

給食

「すべての子供たちに満足な食事を…」と願ってやまない男性が、学校の給食費未納問題に対し驚きの行動に出た。イギリスの『Mirror』や『Daily Record』が報じている。



 

■「未納の場合お子さんには…」

「一足早く訪れたサンタクロースのようだ」と話題となっているのは、イギリス東部のエセックス州に住むシモン・ハリスさん。彼はSNSで先日、ウェールズ・グウィネズ州にある中高一貫のイスゴル・ディフリン・ナントレ校が抱えている問題について知った。

同校のネイル・フォーデン校長が「給食費未納分が1,800ポンド(日本円で約28万円)にも膨れ上がっています。未納のご家庭のお子さんには、今後は給食を提供できません。早急にお支払いください」という手紙を保護者に宛てて送り、それがSNSで拡散。

賛否両論を巻き起こしていたのだった。


関連記事:加藤浩次、18歳以下への給付金案に疑問 「大学生も子供って考えたら…」

 

■「私が全額お支払いします」

フォーデン校長の情け容赦のない手紙に、世間は炎上。「このパンデミックの中、どこの家庭も余裕があると思っているわけ?」「貧困家庭の子供たちは飢え死にしても構わないということ?」といった批判が相次ぐ事態となった。

このニュースを知って心を痛めたのが、自身も4人の子供を育てるシモンさんだった。「子供たちを空腹にさせるわけにはいかない」と感じた彼は、同校のTwitterに「私がその未納分全額をお支払いしましょうか?」と書き込んだ。

次ページ
■理解を求める学校

給食費未納~子どもの貧困と食生活格差~ (光文社新書)【Amazonでチェック】

Twitter父親学校借金校長給食費未納翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング