超高齢出産が増加中の英国 51歳で念願の母になった女性が喜び語る

昨年度イギリスでは、1週間に約3人ほどが50歳を超えて出産していたという。

2021/11/17 08:30

高齢出産・赤ちゃん・祖母・孫

イギリスで近年、超高齢出産が増加している。50歳での出産を決意した女性は、両親の反対にもひるむことなく51歳でシングルマザーとなり、その喜びを語った。『Daily Mail UK』など海外メディアが報じている。



 

■子供好きで母になりたかった女性

イギリス・ウェストサセックスに暮らすケリー・クラークさん(51)は、ずっと母親になることを望んできたものの、男性運に恵まれなかったという。

友人たちの間で「子供の扱いがうまい人」として知られてきたケリーさんは、50歳の誕生日が近づくにつれて、「時間がない」と感じたため、友人の勧めに従ってギリシャへ飛び、体外受精のカウンセリングを受けた。

しかし、母親となる決断をしたことで、思わぬ抵抗にあったという。ケリーさんの両親が「年のいった母親の孤独な育児になる」と言い、必死でケリーさんが体外受精で妊娠することを引き留めようとしたのだ。


関連記事:73歳で双子を出産するも夫と死別 超高齢シングルマザーになった女性の覚悟

 

■ギリシャで体外受精

しかし、ケリーさんは意に介さず体外受精を決行。そして今年3月、51歳でリリアちゃんを出産し、積年の夢である母親となることができた。

ケリーさんによれば、ギリシャでの体外受精には、治療、不妊治療薬、交通費、宿泊代を含めて約4,000ポンド(日本円で約60万円)の費用を要した。

しかし、イギリスで同様の治療を受けるためには、15,000ポンド(約230万円)が必要だと聞かされていたという。それを考えれば、信じられないくらい安価で済んだわけだ。

次ページ
■超高齢出産が増加中

超安産入門: 宇宙一幸せなお産をする3ステップ 高齢出産でも大丈夫 超安産プロデューサー【Amazonでチェック】

ギリシャ話題イギリスシングルマザー高齢出産体外受精翻訳記事NHS不妊治療薬
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング