孫にメールを送ったはずが… 人違いで始まった64歳と22歳の友情は6年目に

おばあちゃんと孫のようなふたりの友情。実の孫の電話番号が変わったのも、何かの運命だったのかも…?

2021/11/18 08:00

年の差・カップル・結婚・夫婦

『サンクス・ギビング』とも呼ばれる感謝祭が、今月25日に迫っているアメリカ。その感謝祭をきっかけに、年の差を超えて育まれた心温まる友情の話題を『People』や『Yahoo!』などが報じ、人々を笑顔にしている。



 

■孫へのメールが…

家族や大切な人との集いを重んじる欧米において、感謝祭は特に大切にされている伝統的行事の一つ。日ごろの食の恵みに、深く感謝する1日となる。

アメリカのアリゾナ州に住むワンダ・デンチさん(64)は2016年、当時24歳だった孫の携帯電話宛てに「今年も感謝祭のパーティに来るわよね?」とメールを送信した。

しかし孫は、携帯電話の機種変更をしたばかりで番号が変わっており、そのメールは番号を継いだ当時17歳のジャマル・ヒントンさんという少年に送信されていた。


関連記事:51歳でひ孫を持つ曾祖母になった女性 英国で最年少の可能性も

 

■自撮り写真で人違いが判明

メールを読んだジャマルさんはわけが分からず、「どういう意味ですか?」と返信。その後のふたりの会話も辻褄が合わず、自撮りの写真を交換することに。そこでようやく人違いだと判明したという。

しかし、それをきっかけに、ふたりの間には年の差を超えた友情が芽生えた。ジャマルさんは「せっかくのご縁なので、感謝祭にお邪魔してもよろしいですか?」とワンダさんに尋ねた。

それを読んだワンダさんは大喜び。「もちろんよ! みんなに美味しい料理を振る舞うのが、おばあちゃんの役目なの」と返し、その後は毎年、ジャマルさんを感謝祭のパーティに招くようになった。

次ページ
■夫が新型コロナで天国へ

幸せコミュニケーションの美徳【Amazonでチェック】

メール携帯電話電話番号パーティ話題自撮り写真祖母人違い感謝祭新型コロナウイルス翻訳記事サンクス・ギビング
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング