「アベノマスク」が博物館に展示されていると話題 担当者に理由を聞いてみると…

沖縄郷土博物館で「アベノマスク」が展示されていると話題。詳しい話を聞いてみると、その理由に納得。

2021/11/18 04:00

沖縄郷土博物館

昨年、新型コロナウイルス感染症対策として日本中に配られた「アベノマスク」。 今ツイッター上では、これがまさかの“歴史的収蔵品”として博物館に展示されていることが話題になっている。あれからもう一年以上経つのか…。

【写真】実際に展示されているアベノマスク



 

■国内の全世帯に配られた

ご存知アベノマスクは、国内で新型コロナウイルスの感染が拡大した昨年4月に、国内で配布された布マスクの俗称。

急激な需要増大期に配布されたこともあり、転売などによるマスク高騰問題にも一定の効果を生んだが、不織布マスクがトレンドだったこともあり、ちょっとダサかったのは記憶に新しい。


関連記事:ドバイ万博展示のレプリカダビデ像 イスラム圏での開催で秘部隠しが話題に

 

■当時を思い返す声も

今回アベノマスクを収蔵品として展示したのは沖縄郷土博物館。

コロナ期を振り返るコーナーに展示にされるとネット上で、「マスクの必要性を再認識出来たよね。洗いながら使ったな」「マスクが不足して一箱数千円、下手すると一万円近くになっていた」と、当時を思い返すコメントが多く見られた。

他には、「いつか展示品になると思ったら、もうやっていたんだね」「歴史的な資料になるとは」など、同館の仕事の速さに驚いたという声も…。

次ページ
■展示した理由は…

不織布マスクはこちらから【Amazon】

沖縄マスク新型コロナウイルスアベノマスクコロナ禍沖縄郷土博物館
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング