松嶋尚美、「COPDデーメディアセミナー」に参加 家族のためにも禁煙を宣言

3年前にCOPDと診断された松嶋尚美が現在の身体状況について明かした。COPDチェックリストを実施した結果は…。

2021/11/18 14:25

松嶋尚美

お笑いタレントの松嶋尚美が17日、都内で行われた「11月17日世界COPDデーメディアセミナー」に参加。COPDやフレイルの危険性を知り、禁煙に前向きな姿勢を示した。


画像をもっと見る

 

 

■番組の企画でCOPDと診断

この日松嶋は『フレイル予防のためのCOPD(慢性閉塞性肺疾患)早期診断・治療の重要性を考える』のトークセッションに参加。実際に彼女は、番組の企画で肺活量を調べる検査(スパイロメトリー)を実施し、3年前にCOPDと診断されたことがある。

余命まで宣告されたので、思っている以上に深刻なことだと捉え、検査をしてもらった先生に相談をし、治療を開始したそうだ。


関連記事:幼稚園や学校で… 約3割の親たちが巻き込まれている「恐ろしいもの」

 

■COPDチェックリストを実施した結果

トークイベント中盤では全部で5問の「COPDチェックリスト」を実施。ポイントでCOPD疑いがあるか否かを判断するのだが、松嶋のポイントは5点。

この結果に、同セミナーで講演を行った奈良県立医科大学・呼吸器内科学講座の室繁郎教授は、「4点以上はCOPDの疑いがあるため、改めて検査をしたほうがいいい」とコメントし、再検査を勧めた。


■禁煙を決心

松嶋尚美

松嶋は、過去には1日40本もタバコを吸っていた時期があると明かしたが、家族からは「50歳には辞めて」と言われているそうだ。彼女は来月の2日で50歳を迎えるので、「12月2日には辞めます! ただ、軽く応援だけしといてください…」と自身なさげに宣言をした。

・合わせて読みたい→薬丸裕英、ワクチン「打たない派」から考えが変わってきた理由

(文/Sirabee 編集部・だい坊 撮影/KEN)

禁煙するならコレ【Amazon】

喫煙タバコお笑い禁煙タレント松嶋尚美セミナーお笑いタレントCOPDフレイル
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング