“ほぼ皆既月食”のビーバームーン 来週は北日本で吹雪・大雪の恐れも…

今回の月食は、“部分”というより“ほぼ皆既”と話題に。夕方以降、東の空を眺めてみてください。

2021/11/18 18:45

気象予報士・千種ゆり子

あす19日は満月です。ネイティブアメリカンの呼び名で11月の満月は「ビーバームーン」と呼ばれますが、あすの満月は“ほぼ皆既月食”だと話題です。

気象予報士の千種ゆり子が解説します。


画像をもっと見る

 

■あす全国各地で「月食」が起こる

あすは部分月食です。月食とは、月が地球の影に入って月が赤黒く見える現象ですが、今回の月食は、“部分”というより“ほぼ皆既”と話題になっています。

月の100%すべてが地球の影に入り赤黒くなるのが“皆既”月食で、今回赤黒くなるのは月の“98%”ということで“ほぼ皆既”と呼ばれています。

月食

月は東の空から昇ってきますので、夕方以降、東の空を眺めてみてください。食の最大は全国各地18:03頃で、19:47頃にはいつもの満月に戻ります。


関連記事:8年ぶりに満月となる中秋の名月 専門家は「色の変化と模様も楽しんで」

 

■月食の夜のお天気は

今年5月26日には、100%の「皆既月食」がありましたが、雲が広がり見えなかった地域もありました。今回は穏やかな天気に恵まれ、見られる地域が多くなりそうです。

月食ちなみにここで1つ、月に関するトリビアを。月には地球のような大気がほとんどありません。

地球の大気は、太陽からの熱を和らげつつ、暖まった地表の熱を逃げないようにする役割を果たしています。しかしながら、月には地球のような大気がほとんどないため、昼間は太陽の熱がダイレクトに届いて赤道付近では、110℃、夜は―170℃と非常に気温差が大きくなります。

次ページ
■週明け、荒天の可能性

日食と月食 (太陽のひみつシリーズ)【Amazonでチェック】

話題気象予報士気象庁満月千種ゆり子初雪ビーバームーン皆既月食月食
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング