ネットで「殺し屋組織」を見つけた女 元夫の殺害を依頼し実刑判決か

女性は「世界で唯一の殺し屋組織。あなたに代わり難しい問題を解決します」と謳うサイトを発見した。

2021/11/19 06:30

サイバー犯罪・ハッキング・ハッカー

激しく憎み合った末の泥沼離婚を経験した人は、「頭に来て殺意を覚えた」ことが1度くらいはあるのかもしれない。だが、それを実行に移して捕まるほど愚かではないはずだ。

アメリカのミシガン州では今、卑劣な嘱託殺人をたくらんだ時点で逮捕された女が、投獄されようとしているという。地元メディアの『FOX2 Detroit』『MLive』などが伝えた。



 

■元夫に強い殺意

事件はミシガン州ケント郡のロックフォードで、2020年7月に起きた。ウェンディ・リン・ワイン(52)という女が、離婚時に2万ドル(日本円で約230万円)を持ち去った元夫に、殺意を抱いたことが発端だった。

「殺したいが自分の手は汚したくない」と考えたリン・ワインは、殺し屋を雇おうとインターネットで検索。すると「私たちは世界で唯一の殺し屋組織。あなたに代わって抱えている難しい問題を解決します」と謳うサイトを発見したのだった。


関連記事:手術後の娘への付き添いを断られ… 病室に居座り続けた母親が逮捕へ

 

■偽名でも電話番号は本物を…

そう高くないお金と引き換えに、どんな汚い仕事でもやってくれると知り、リン・ワインはさっそく組織にコンタクト。だがそれは、ミシガン州警察が設けた『Rent-A-Hitman』というおとりのウェブサイトだった。

それにまんまと引っ掛かり、元夫の殺害を依頼したリン・ワイン。最初はグイド・フェネリという偽名を使ったが、連絡のための電話番号ではうそをつくことができなかった。

次ページ
■嘱託殺人は重い罪

女性情報 2020年8月号―切り抜き情報誌 特集:安楽死と嘱託殺人【Amazonでチェック】

警察電話番号嘱託殺人偽名司法取引おとり捜査殺し屋翻訳記事Rent-A-Hitman
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング