息子が土産にくれた宝くじで1100万円に当選 母親が真っ先に考えたことは…

「神様は、ちゃんと仲の良い親子を選んで当選させた」という声も…。

2021/11/19 07:00

宝くじ・スクラッチ

アメリカ・ミズーリ州宝くじ協会から飛び出した、ある当せん者の心温まるエピソード。『Reality TV World』などが伝え、「なんと親孝行な息子」「神様があえて仲の良い親子を選んだ最高のクリスマスプレゼント」と話題を呼んでいる。



 

■孝行息子のおかげで…

驚くほど孝行な息子がいると話題になっているのは、ミズーリ州キャラウェイ郡ホルツサミット市在住のある女性。プライバシーを重んじ、氏名などは明らかにされていない。

スクラッチ・タイプの「SKEE-BALL」と呼ばれる宝くじを息子からプレゼントされ、それがこのたび賞金10万ドル(日本円で約1,150万円)に当選したというのだ。


関連記事:ズボンのポケットに入れて洗濯し… 28億円当選の宝くじを水の泡にした女性が話題

 

■「母さん、お土産だよ」

息子は、ホルツサミット市にあるガソリンストア兼コンビニエンスストアの『Casey’s』に行った際、その宝くじを買って母親に「母さん、お土産だよ」と手渡していた。

あまり期待もせず抽選日を迎えたが、なんとその宝くじは1等に当選。息子はその報告を最初は全く信じようとしなかったが、自分の目で確認すると、我がことのように喜んだ。

次ページ
■「当選金は息子のために」

宝くじ超当せんデータ「当たる人のルール」がわかった【Amazonでチェック】

宝くじジンクストラック親孝行賞金スクラッチ翻訳記事高額当選SKEE-BALLCasey’s
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング