事故物件でも「幽霊は出ません」 不動産売却に一役買うビジネスが話題に

幽霊は絶対に出ない。それを証明する仕事があるというのだが、やはりかなり怖いようだ。

幽霊屋敷・ホラーハウス

少しでも高く家を売りたいと思っても、過去に人が不審な死を遂げた場所であるせいで、「欲しい」という買い手候補が見つからないケースがある。

困っている売り手などを顧客とする商売があることを、『South China Morning Post』などの海外メディアが伝えた。



 

■ある調査の仕事が話題に

人が不自然な死を遂げた家を、「ぜひ買いたい」という人はあまりいない。そこで価格をグッと下げるなど売り手も工夫するが、それでも「幽霊が出るんじゃないか」と怖がる人が多いそうだ。

このたび中国で話題になっているのが、家の中を調べあげて「幽霊なんか出ませんよ」と証明する仕事だ。任された人は売り手が指定する家に入り、あちこち確認しながらある程度の時間を過ごすとのこと。24時間の滞在で得られる報酬は、約2万6,000円だ。


関連記事:ニューヨーク嶋佐は家を決められたのか 12軒もの物件を回った最終回は…

 

■経験者のコメント

この仕事をしている元軍人がメディアの取材に応じ、「こりゃ、フルタイムの仕事には向かないね」「依頼があれば飛行機で移動することもあるし、次回どこで仕事を請け負うのかも分からないのさ」とコメント。

しかも需要が少なく、年に一度ほどしか仕事の依頼がこないことも明かした。

また、この仕事を依頼するのは、「幽霊が出る」と噂の家を売りたがっている不動産業者、もしくは家を購入したものの「幽霊が出るんじゃないか」と怖がっている人だという。

次ページ
■怖がってギブアップする人も

実録怪談 最恐事故物件【Amazonでチェック】

事故物件幽霊不動産仕事話題ライブ配信翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング