ホッキョクグマが”クマバウアー” 「本当は人が入ってるのでは」と疑う観客も

担当者は今回のクマバウアーについては、「何を意図しているのかはわからない」と話す。

2021/11/19 17:30

クマバウワー

ホッキョクグマは、地上最大の肉食動物で、最大で体長280センチ、体重800キロのオスも存在する。推定個体数2万6千頭の約60%はカナダに生息しているとみられている。そんなホッキョクグマのイナバウアーならぬ、「クマバウアー」が話題を呼んでいる。

【動画】ホッキョクグマが道具で遊ぶ様子


画像をもっと見る

 

■遊ぶことが大好き

釧路市動物園には、現在2頭のホッキョクグマがいる。現在話題になっているミルク(メス)は、秋田県男鹿水族館で2012年に誕生。母のクルミは、釧路市動物園で誕生したが、出産にはいたらなかったため、秋田に移動しオスの豪太との間にミルクが生まれた。

担当者によると、ミルクは遊ぶことが大好きだという。今回のクマバウアーについては「何を意図しているのかはわからない」と話す。


関連記事:ハーゲンダッツ、“濃香”すぎる「ロイヤルミルクティー」ミニカップが登場

 

■全国に多くのファン

ミルクは、道具を使って遊んだり、コミカルな動きをすることで全国に多くのファンを持つ。そのファンから年間に何百ものプレゼントが届くそうだ。

ホッキョクグマ

次ページ
■母も遊ぶことが大好きだった

シンクロナイズド スケート イナ バウアーライン パーカー【Amazonでチェック】

フィギュアスケート北海道ホッキョクグマ話題秋田県荒川静香イナバウアー釧路市動物園肉食動物男鹿水族館クマバウアー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング