空気階段・もぐらの人探しに番組も協力 「もし観てたら」と切実な訴えも

『人志松本の酒のツマミになる話』に出演のもぐら。芸人人生を助けてくれた恩人について語った。

2021/11/19 23:30

人志松本の酒のツマミになる話

19日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、人気急上昇中のお笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐらが出演。もう一度会いたいという”ある人”について語り、ネット上に反響を呼んでいる。



 

■芸人への道を拓いた恩人

「もう一度会いたい恩人」をテーマに、盛り上がった番組前半。もぐらは、20歳のときに働いていたアルバイト先の社長について「とにかく僕に良くしてくれた」と語り始める。

当時お金がなかったもぐらは、給料の前借りをはじめ、成人式の費用や吉本興業の養成所入所の資金などを、都度社長に借りていたのだという。

そのたびに「月々返済しますんで、口座教えてください」と迫ったもぐらだが、「何言うとんねん。売れてから俺の前に来い」と取り合ってくれなかったのだそう。


関連記事:ぼる塾・あんり、先輩芸人との恋愛事情を赤裸々告白 「このあいだまで…」

 

■「ぜひ連絡していただきたい」

そこから月日が流れ、芸歴5年目、初めてルミネtheよしもとで単独ライブができることが決定した際のこと。

「観に来ていただきたい」と思い、社長のいる元アルバイト先に電話をかけたところ、知らない男が出、「あいつ、国税入って、飛びよったわ。いまどこにいるか分からん」と言われてしまったそう。

そこから現在にいたるまで、行方不明なんだという。芸人への道を作ってくれた恩師であり、また合計で110万円ほどの借金があるため、どうしても会いたいと願うもぐら。

最後にはカメラ目線になり、「もし観てたら、ぜひ連絡していただきたいです」と語りかけていた。

次ページ
■視聴者からも応援の声

失踪宣言 (全2巻)【Amazonでチェック】

テレビ芸人恩人借金松本人志空気階段鈴木もぐら人志松本の酒のツマミになる話
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング