食肉になる予定の牛が脱走 ウォータースライダーに乗って死の運命から逃れる

思わぬ行動で人気者になった牛には、牧場主も根負け? 名前を付けて、ペットとして飼育されることに。

2021/11/21 06:00

ウォータースライダー・ウォーターパーク

ブラジルの牧場で飼育されている一頭の牛が、食肉処理場のかわりにウォーターパークに行へ。そこで人間用のウォータースライダーを楽しんだことで脚光を浴び、食肉になる運命を免れたと、『New York Post』『msn.com』などの海外メディアが報じている。



 

■牧場を脱走して…

ブラジルのリオデジャネイロから500マイル(約800キロ)ほど西にある牧場で、食肉に加工されるために屠殺されることが決定していた一頭の牛がいる。

しかしこの牛は、自分の運命を知ってか知らずか牧場から脱走し、牧場の近隣にあるウォーターパークで最期の時を楽しむことにしたようだ。


関連記事:北海道のあるある風景「牧草ロール」が話題 生まれ落ちる瞬間が衝撃的

 

■行き着いたのは人間用スライダー

牧場の隣にウォーターパークがあるというのも不思議な組み合わせだが、ここからの牛の行動はさらにフィクションじみている。

牛はもともと好奇心が旺盛だったのか、プールに設置されている人間用のウォータースライダーに体をねじ込み、滑り降りて行く様子が目撃者の撮影した動画に収められたのだ。

次ページ
■ペットとして飼育されることに

噴水マット バージョン ウォータースライダー【Amazonでチェック】

ペットブラジル牧場話題飼育ウォータースライダーウォーターパーク翻訳記事食肉加工
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング