神戸の女子トイレ、個室に意味深なメッセージが…  「全国で置いてほしい」と話題

神戸市の女子トイレにて、何やら変わったトイレットペーパーを発見。その内容に、感動の声が相次いでいるのだ。

2021/11/24 04:45

個室のトイレを使用する際、ほぼ間違いなくチェックするのがトイレットペーパー。

現在ツイッター上では、兵庫県神戸市の女子トイレ内で発見されたトイレットペーパーに、称賛の声が多数寄せられているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】明らかに変わったトイレットペーパーが…


画像をもっと見る

 

■意味深なメッセージと番号が

注目を集めているのは、ツイッターユーザー・ohirune_sakk0さんが投稿した一件のツイート。

トイレットペーパー

「今日ショッピングモールのお手洗いに入ったらトイレットペーパーがこれやったんやけど、すごい名案じゃない?!」とつづられたツイートには、薄ピンクの文字とイラストがプリントされたトイレットペーパーの写真が添えられており、こちらには「いつもメールをチェックされる。そんなのしんどくない?」「彼といるとビクビクする。本当にそれって『愛』なのかな」といった意味深なフレーズが確認できる。

さらに、そうしたフレーズの下には「神戸市配偶者暴力支援センター 女性のためのDV相談室」という施設の電話番号がプリントされていたのだった。


関連記事:「通報して」とメモを公衆トイレに残したDV被害者 機転が功を奏し自由の身に

 

■「全国に広がれば良いな」と反響

ここ日本でも「DV」の略称で知られるドメスティック・バイオレンスだが、その被害者の多くは自身の境遇を打ち明けることに苦悩しており、そもそも「DVの被害を受けている」という意識がないケースも珍しくない。

しかし、ohirune_sakk0さんもツイート本文にて「DV受けてる人が一人になれるところってお手洗いくらいしかなさそうだし、スマホで検索なんかしてたらチェックされてさらにDV受けそうだし。これで救われる人がいますように…」とつづっているように、トイレの個室というのは周囲から隔離され、自分自身と向き合うのにうってつけなスペースである。

トイレットペーパー

同ツイートは投稿からわずか数日で3万件以上ものRTを記録しており、他のユーザーからは「すごく良いアイデア! まずはDVなんだと気づいて、自分を大切にしてほしい。全国に広がれば良いな」「素晴らしいアイデアだと思います」「ほっとするトイレに入って、読んだときのドキッと感はなかなか刺さるかもしれない!」といった反響の声が多数上寄せられていた。

そこで記者は今回、件のトイレットペーパーに記載されていた機関にアプローチしてみることに。すると「神戸市こども家庭局 家庭支援課」の相談支援担当者が、こちらの取り組みに関する感動的な舞台裏を明かしてくれたのだ。

次ページ
■「設置の理由」に納得と共に感動…!

DVとは一体何なのか?【Amazon】

トイレDV話題兵庫県ドメスティックバイオレンス神戸市神戸市教育委員会
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング