熱愛報道のラランド・サーヤ、『文春』への回答書公開 本名も話題に

タトゥーアーティストとの熱愛が報じられたサーヤ。文春に送付した斬新かつユーモアあふれる回答書が話題に。

2021/11/24 23:25

ラランド・サーヤ
24日配信の『文春オンライン』でタトゥーアーティストとの熱愛が報じられた、お笑いコンビ「ラランド」のサーヤが同日、自身のツイッターを更新。『週刊文春』編集部に送付した回答書を掲載した。

【画像】サーヤが文春に送付した回答書



 

■「プライベートは本人に任せております」

『文春オンライン』によれば、お相手はタトゥーアーティストのTAPPEI。

サーヤが代表取締役を務めている個人事務所・レモンジャムに質問状を送付したところ「プライベートの事は本人に任せております」と返事があったことを伝えている。

19日に突撃取材されたことを写真とともに報告していたサーヤ。この日、熱愛記事が公開されたタイミングで「初めて事務所コメント書いた!」と文春からの質問状に対する回答書をアップした。


関連記事:ラランド・サーヤ、ストレスで女性用風俗に電話 「1番短いコースで…」

 

■相方の情報を暴露

熱愛報道については「弊社所属タレントに関するお問い合わせにつきまして《ご回答》 プライベートの事は本人に任せております」とのコメントで終了。

その後は「所属タレントのニシダに関しましては、兵庫県出身の会社員一般女性(30)と同棲しており、10月3日(日)午後8時に『ふたご池袋西口店』で交際1周年記念をお祝いした事実を確認しております」と今回の記事とはまったく関係のない相方・ニシダの恋人の情報などを暴露している。

次ページ
■本名に注目する声も

週刊文春 2021年11月25日号【Amazonでチェック】

ツイッター熱愛週刊文春文春オンラインラランドサーヤニシダ門倉早彩
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング