3割の人が間違った経験がある“あの言葉” 気づいた瞬間「恥ずかしい…」

テレビ番組でもときに聞くことがあるあの言葉。ついつい間違って使ってしまっているかも?

2021/11/27 05:00

語感が何となく似ていることから、間違った言葉を使った経験はないだろうか。しらべぇ編集部の調査で、およそ3人に1人が間違えた経験がある言葉が判明した。



 

■フィーチャーを「フューチャー」と間違えた

全国10〜60代の男女384名を対象に実施した「言葉の言い間違い」に関する調査で、全体の35.9%が「フィーチャーのことを『フューチャー』と言ってしまったことがある」と回答。

フィーチャーをフューチャーと言った経験

男女別で比較すると、男性が40.4%で女性が31.4%と男性が9ポイント多い結果に。年代別にすると、もっとも多いのが60代以上で42.4%、ついで20代で39.7%、もっとも少ないのが30代で29.5%となっている。


関連記事:スタバ店員が突如「もってこーい!」 微笑ましすぎる背景に長崎県民がニッコリ

 

■ふたつは全く別の言葉

フィーチャーは「特色とすること。特徴づけること」という意味。テレビ番組などでも「今回は○○さんをフィーチャーします」などとスポットライトを当てる意味で使われることが多い。

一方、フューチャーは「未来、将来」の意味で、フィーチャーとはまったく別の言葉だ。しかし、音の響きが似ていることから誤用されているのだろう。

次ページ
■ネットで「モヤモヤ」の声も…

モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」【Amazonでチェック】

英語言葉言い間違い話題フィーチャー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング