昼食時間になっても授業が終わらず 空腹でブチギレた生徒が教師を暴行する惨事に

お腹がすいたのに授業が終わらず、イライラが爆発。生徒がとんでもない行動に及んだ。

2021/11/28 08:00

学校・教室

熱心な教師の授業が長引くことに、激怒した男子生徒。ついにブチギレて殴ってしまったこと、またそのせいで教師が負傷したことを『AsiaOne』などの海外メディアが伝えた。



 

■長引く授業中にイライラ

10日、中国・湖南省の中学校で、女性教師が熱心に授業を行っていた。本来なら昼食を食べ始める時間になったが、教師はなかなか授業をやめようとしない。

ほとんどの生徒が熱心に教師の話を聞いていたが、腹ペコだったひとりの男子生徒のイライラが爆発。怒りでじっとしていられなくなり、机をバンバンと叩き始めた。


関連記事:同じ学校で勤務する教師2名がコロナ死 休校決定で対応に追われる

 

■生徒が教師に暴行

なおも教師が授業をやめないことに腹を立てた生徒は、いきなり席を立ち、教室の後方から突進して教壇の向こうに腕を伸ばし、教師を拳で殴りつけた。

それでも倒せなかったため、今度は教師につかみかかって暴行を開始。数秒後には数名の男子生徒らが暴れる生徒に飛びかかり、動きを封じるに至った。

教室の監視カメラに残っていたこのときの映像は、その後にSNSで一気に拡散。この件に関する情報を得た当局が、さっそく事件の経緯を調べ始めた。

家庭内暴力・校内暴力を防ぐ理論: 「言語活動を活発にして児童・生徒の暴力を防ぎなさい!」【Amazonでチェック】

次ページ
■「この恩知らず!」の声も
SNS中学校空腹昼食授業翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング