2秒で完成“超簡単年賀状” 作者は「12年間ボケられるメリット付き」

作者は「歯医者で問診表にチェックを入れているときに、このアイデアが思いついた」話す。

2021/11/29 15:40

超簡単年賀状

日本郵便によると、2022年用年賀はがきの当初発行枚数は18億2536万枚。なお、ピークは2003年の44億5936万枚で、それ以降は多少の起伏を見せながらも枚数は年々減少傾向だ。そんな中、「2秒で完成する画期的年賀状」がSNS上で話題を呼んでいる。

【画像】画期的年賀状


画像をもっと見る

 

■問診票が発想の原点

天久聖一さん制作の年賀届は、西暦を記入し、あとは該当する干支と、メッセージにチェックを入れるだけ。12枚セットで500円(税込)だ。

超簡単年賀状

天久さんは、しらべぇ編集部の取材に対して「歯医者で問診票にチェックを入れているときに、このアイデアを思いついた」話す。


関連記事:銀シャリ橋本、自由すぎる芸風のもう中学生にガチ注意 「周りに恵まれすぎ」

 

■12年間ボケられる

また、「12枚セットにしてあるため、毎年同じ人に同じ様式で送ることができる。とくに仲のよい人に対して、12年間ボケ続けられるメリットがある」と語った。もちろん12枚を別々の人に送ることも可能だ。

超簡単年賀状

次ページ
■あっと驚く初笑い

おしゃれでかわいい年賀状2022【Amazonでチェック】

ギャグ通販正月年賀状話題歯医者日本郵便切手キーホルダー西暦
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング