警察署で自身の手首と喉を切った男性 「妻と暮らすくらいなら」とあきれた理由

「自宅にいても妻とはけんかばかりだ」と男性。しかしトラブルの原因を作っていたのは…。

2021/11/30 05:45

警察署

インドの警察署にこのほど1人の男性が現れ、「死んだほうがマシだ」と言い、持っていたナイフで自身の体を切りつけた。男性は30歳。驚きの理由を口にし、職員をあきれさせていたことを『Times Now News』『Times of India』などが伝えている。



 

■3日前には捜索願が

24日、インド・ウッタルプラデーシュ州ガーズィヤーバードのナンドグラム警察署に1人の若い男性が現れ、「オムプラカシュです」と名乗った。

男性は、3日前に「夫が自宅に戻らない」として妻から捜索願が出され、警察が何度も「連絡してください」と携帯電話を通じて呼び掛けていた人物だった。


関連記事:不倫相手と逃げた妻を連れ戻し公開リンチ 動画拡散がきっかけで夫と協力者を逮捕

 

■愛人と別の家庭を

警察の職員がオムプラカシュさんに、妻との連絡を絶ち行方不明になっていた理由を尋ねたところ、その口からは意外な答えが返ってきた。

それは「自分には3年越しの愛人がいて、妻に内緒でその女性と別の家庭を持っている。妻が最近それを疑ってガミガミうるさいため、別れて愛人と静かに暮らしたかっただけだ」と、なんとも身勝手なものだったという。

次ページ
■「妻と暮らすくらいなら…」

知っておくべき不倫のリアル ダメだとわかっているのに人はなぜ不倫をやめられないのか? わたし不倫中【Amazonでチェック】

自殺愛人手首警察署翻訳記事捜索願
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング