舛添前都知事、オミクロン株出現でワクチン接種めぐり苦言 「日本は異常」

ワクチン3回目接種をめぐる行政の対応に、舛添前都知事が苦言を呈している。

2021/12/02 01:05

舛添要一

厚生労働大臣も務めた舛添要一前東京都知事が、1日に自身のツイッターを更新。オミクロン株拡大への懸念が広がる中、3回目のワクチン接種に柔軟な対応を求めた。

【ツイート】早期の3回目接種をすべきだと苦言



 

■流行の兆しを見せるオミクロン株

政府が外国からの入国禁止措置をとる他、11月30日には国内初の感染者が確認されるなど、今後の感染拡大が懸念されるオミクロン株。

舛添前知事は1日、自身のツイッターで「韓国でも、ナイジェリアからの入国者がオミクロン株に感染。とにかく感染のスピードが速い。あっという間に世界中に広がり、デルタ株を放逐するだろう」と、オミクロン株にのニュースに危機感を募らせる。


関連記事:金子恵美、外国人の新規入国禁止措置を評価 「聞く力のある岸田さんが…」

 

■役所の論理を厳しく批判

続けて舛添前知事は、「私は、接種後『原則8ヶ月』という原則に固執するのではなく、6ヶ月後、さらにその前でも早く3回目の接種をすべきだと主張し続けてきたが、自治体が対応できないなど役所の論理が優先されてきた」とツイート。

医療従事者向けに1日から始まったワクチンの3回目接種に関し、感染抑制のためにも柔軟な対応をすべきだと役所を批判する。

舛添要一『東京終了 -現職都知事に消された政策ぜんぶ書く-』【Amazonでチェック】

次ページ
■政治家の指導力にも苦言
政治舛添要一ワクチン新型コロナウイルスコロナブースター接種オミクロン株3回目接種
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング