駅前噴水が“暴走モード”突入? 撮影者は「ただちに役所に連絡した」

噴水を管理する加茂市役所建設課は、取材に対して「噴水の池のセンサーが壊れた」と話す。

2021/12/03 18:00

加茂駅前噴水

最近はゲリラ豪雨などで水道管が破裂し水が高く舞い上がる現象を、たまにSNSなどで見かけることがある。また、マンホールから水が吹き上がることも多い。そんな中、新潟県にある駅前噴水が突如「暴走モード」に突入した。

【画像】暴走モード噴水



 

■役所に連絡

投稿者の鈴木晃一さんは、しらべぇ編集部の取材に対して「午前10時57分加茂駅着の電車を降りると、駅前の噴水が吹き上がっていた」と話す。

また、「その後役所に電話をしたところ、交番からも連絡があったと聞いた。そのため、写真を撮ってその場を後にした」と語った。


関連記事:食肉になる予定の牛が脱走 ウォータースライダーに乗って死の運命から逃れる

 

■路面が水浸し

写真からは、噴水の周辺の路面が水浸しになっている状況がうかがえる。すぐ隣には駐車場があり、あふれ続けるとそこにも到達する勢いだ。

加茂駅前噴水

噴水を管理する加茂市役所建設課は、取材に対して「噴水の池のセンサーが壊れた」と話す。通常は池に一定量水がたまると、噴水の水が弱くなる仕組み。「今回はセンサー不良の影響で、池に水がたまらなくなり、噴水が大量に吹き上がった」と語った。

次ページ
■約2カ月休止の噴水も

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

ゲリラ豪雨マンホール暴走滋賀県新潟県加茂市故障落雷噴水センサー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング