小栗旬主演『日本沈没−希望のひと−』 有馬隼人氏と馬淵優佳氏がゲスト出演

迫り来る日本沈没のカウントダウンの中、世界へ立ち向かう激動の第8話。ゲスト出演の二人にも注目。

2021/12/05 12:00

日本沈没

元TBSアナウンサー・有馬隼人氏と元飛び込み日本代表・馬淵優佳氏が、小栗旬主演の日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)の第8話にゲスト出演することが決定した。



 

■危機が迫る中、希望を見いだせるのか

1973年に刊行された小松左京による原作「日本沈没」は、刊行後もテレビドラマ化のみならず、漫画・アニメとして語り継がれた作品である。今作は、原作でも描かれていた「環境問題」を、2021年バージョンとして今に照らし合わせて描かれている。

さらに、登場人物がオリジナルキャラクターとなり、2023年の東京を舞台に「沈没」という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描かれた作品となっている。


関連記事:TBS・10月新ドラマ『日本沈没−希望の人−』 風吹ジュン、比嘉愛未、宮崎美子も出演

 

■世界へ立ち向かう天海たち

今夜9時から放送の第8話では、ついに日本沈没が世界中に知られてしまい、大混乱の中1億2千万人を避難させるために、海外との交渉に奮闘する天海たちに、最大の困難が襲いかかる。

迫り来る日本沈没のカウントダウンの中、世界へ立ち向かう天海たち。そんな第8話にフリーアナウンサーの有馬氏と元飛び込み日本代表の馬淵氏がゲスト出演する。

日本沈没 決定版【Amazonでチェック】

次ページ
■緊迫感が強く伝わってくる
小栗旬中国日曜劇場フリーアナウンサーアメリカンフットボール馬淵優佳有馬隼人『日本沈没―希望のひと―』飛び込み日本代表
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング