山田裕貴、恋愛に奥手な学生時代語る 劇団ひとり「ダサッ」「彼女かわいそう」 

人気俳優・山田裕貴が恋愛に超奥手だと回顧。それが原因で学生時代に振られたと振り返っていき…。

2021/12/05 11:00


山田裕貴・劇団ひとり

4日放送『人生最高レストラン』(TBS系)に多くの話題作に出演するイケメン俳優・山田裕貴が登場。超奥手な恋愛エピソードを明かし、ファンから興奮の声が寄せられている。


画像をもっと見る

 


 

■5回告白した女性

世の女性を魅了する人気俳優の山田だが、恋愛に関しては奥手だと明かされていく。「中学のとき、2~3年ぐらいかけて5回ぐらい同じ人に告白したとかはあります」と回顧。

中学卒業時にその相手に制服の第2ボタンを渡したかった山田を「あの子に渡したいんでしょ? 私が呼んできてあげる」と女友達が後押し、無事にボタンを渡せたのち、高校生になってから付き合い始めたと振り返る。


関連記事:山田孝之、『全裸監督』村西とおる氏を演じる上での役作りを語る 「10キロは太った」

 

 

■誕プレは「チューがほしい」

4月からクリスマス近くまで交際を続けたが、「クリスマス前にフラれた」と山田は告白。「『友達にしか思えない』って。僕チキンだったんですよ、手をつなぐのも4ヵ月ぐらいかかって」と自分が奥手だったせいでフラレてしまったと悲しげな表情を浮かべる。

「『誕生日なにがほしい?』って言われて『チューがほしい』って言ったんです」と彼女との甘酸っぱい思い出を語った山田に、MCの加藤浩次は「なんじゃそれ」と苦笑した。

YUKI YAMADA NYLON SUPER VOL.3【Amazonでチェック】

次ページ
■劇団ひとりは「ダサッ」
恋愛テレビ俳優劇団ひとり加藤浩次第2ボタン人生最高レストラン山田裕貴
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ