「感染は心配ないと医師に言われたのに…」 赤ちゃんのコロナ死に両親が涙

マスクをつけることができない赤ちゃん。中にはコロナに感染し亡くなってしまった子も…。

2021/12/06 19:30

新型コロナウイルス・COVID-19・SARS-CoV-2

世界中の多くの人が新型コロナウイルスに感染し、命を落とした。そんな中、「どうすれば子供を守ってあげられるのか」と悩んでいる保護者は多い。

ある夫婦は医師に相談したが「大丈夫、心配はしなくていい」と聞かされ、「うちの子は感染しないだろう」と考えていたとのこと。それでもコロナに感染し亡くなってしまったこと、また夫婦の悲しみのコメントなどを、『The Sun』など海外のメディアが伝えている。



 

■不安を抱えた両親

アメリカで暮らすアンジェリーナ・レンドンさんは、夫との間に誕生したかわいい赤ちゃん(生後3ヶ月)を大事に育てていた。しかし新型コロナウイルスの感染が拡大し、アンジェリーナさんは「私の赤ちゃんもいつか感染するのではないか」と心配するようになった。

まだ生まれて数ヶ月。当然マスクは着用できずワクチン接種対象にもならないため、アンジェリーナさんは医師に何度か相談しアドバイスを求めた。


関連記事:新型コロナ感染し緊急出産と重症化を経た女性 8ヶ月入院を終えわが子と再会

 

■医師らの話を信じ…

アンジェリーナさんによると、医師からは決まって「大丈夫、心配しなくてもいいですよ」「赤ちゃんはコロナの影響を受けませんから」と聞かされたのだという。それをアンジェリーナさんは信じていたが、残念ながら赤ちゃんはコロナに感染し2月に息を引き取った。

アンジェリーナさんの夫も深い悲しみにくれており、「赤ちゃんは健康だと医師に言われていたんです」「なのにコロナのせいで死んでしまいました」とメディアにコメントした。

不織布マスク4層 個包装 日本素材 ダイヤモンド形【Amazonでチェック】

次ページ
■両親の悲しみ
乳幼児新型コロナウイルス感染予防感染拡大翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング