セルフレジで万引き疑われた女性が憤慨 提訴した店に2億円超の賠償金支払い命令

万引きを疑われ、大騒動に。逮捕・起訴された女性が、長いあいだ大変な目にあった。

2021/12/07 06:30

セルフレジ

機械が苦手で、「セルフレジはちょっと…」という人は少なくない。そのセルフレジを利用した客が店ともめ、裁判を起こしていたことを、『New York Post』などアメリカのメディアが伝えた。



 

■合計金額のズレでトラブルに

2016年11月のこと、アメリカ・アラバマ州で暮らす女性が家族と一緒に買い出しに行った。支払いはセルフレジで済ますことにしたが、あいにく機械の調子が悪く、店のスタッフにも助けてもらうはめになったという。

ようやくお金を払い店を出ようとした女性だったが、スタッフに呼び止められ、小さな部屋に通されて「万引きしたでしょう」と責められた。

そこで計5,000円ほどの未払いが発覚。驚いた女性は事情を説明し、「お金を払えば問題は解決だ」「そもそも万引きではなくただのミスだったのだから…」と考えたが、警察署に連れて行かれ写真(マグショット)まで撮られるはめになった。


関連記事:コンビニでレジ袋を買った客 「まさかの要求」に店員も困り果てる…

 

■逆に提訴した女性

店側はセルフレジ近くの防犯カメラ映像を提出せず、出廷もしなかったことから起訴は取り下げに。しかしこの一件ゆえに女性の評判には傷がつき、仕事探しにも影響が出るようになった。

しかも女性のもとには、店が雇った弁護士から2万円を超える解決金を求める通知が何度も届くようになり、「応じないのなら法的措置を講じる」という文書まで送りつけられたという。

これに憤った女性は、「無実の客を万引きで訴えている」「さらに金を払わせようとする行為を繰り返している」として、店を相手取って裁判を起こした。

次ページ
■多額の損害賠償

バーコード【Amazonでチェック】

万引き損害賠償裁判セルフレジマグショット翻訳記事異議申立て
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング