新庄剛志監督、タイトル受賞で獲得した記念品の行方 「家に1個、あとは…」

現役時代に計10回ゴールデングラブ賞を獲得。副賞の金色のグラブは現在1個のみ、その理由とは。

2021/12/07 07:25

新庄剛志
(写真提供:JP News)

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの「ビッグボス」こと新庄剛志監督が6日、『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。守備の達人に贈られる「三井ゴールデングラブ賞」にまつわるエピソードを披露した。



 

■幻となった11度目ゴールデングラブ賞

その守備範囲の広さと強肩が評価され、阪神タイガース、日本ハムで計10回ゴールデングラブ賞を獲得した。

本人いわく、11回目も獲得し表彰される予定だったが「ベストスニーカー賞(BEST STYLE IN SNEAKERS)と表彰の日がかぶったんですよ。それで10個も取ってるから、ベストスニーカー賞の方に行って。取り消してもらったんですよ」と、まさかのキャンセル。

11度目のゴールデングラブ賞は幻となり、今までに断った選手はいないと話した。


関連記事:新庄監督が明かした父の教えに驚きと共感の声 「お父さんもビッグボス」

 

■金色グラブの行方

ゴールデングラブ賞を受賞すると、副賞として皮を金色にコーティングしたグラブが贈呈される。

プロ野球選手憧れの金色のグローブ。しかし、新庄監督は「ゴールデングラブ賞は1個もらえればすごい賞なんで1個でいい。10個もいらない」といい「今、家に1個ある。あとは全部あげました」と衝撃発言が飛び出す。

次ページ
■ラス1もバッティングピッチャーで…

新庄剛志『もう一度、プロ野球選手になる』【Amazonでチェック】

阪神タイガースくりぃむしちゅー上田晋也北海道日本ハムファイターズしゃべくり007新庄剛志三井ゴールデングラブ賞BEST STYLE IN SNEAKERS
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング