大泉洋、映画『浅草キッド』劇団ひとり監督に「バカヤロー!」と叫んだ理由は…

映画『浅草キッド』公開記念イベントで、主演の大泉洋が監督・劇団ひとりの隠れた性格を次々暴露した。

大泉洋

ピン芸人の劇団ひとりが監督を務め、12月9日からNetflixにて全世界独占配信される映画『浅草キッド』の配信記念イベントが7日、東京・浅草「東洋館」で行われ、メインキャストの大泉洋、柳楽優弥、門脇麦、土屋伸之(ナイツ)、鈴木保奈美らが登場した。


画像をもっと見る

 

■ビートたけしの半生描く

浅草キッド

北野武(ビートたけし)の若き日の成長と葛藤に迫る映画『浅草キッド』。

舞台は昭和40年代の東京・浅草。“笑いの殿堂”浅草フランス座に飛び込んだ若きタケシ(柳楽)は、幻の浅草芸人といわれた深見千三郎(大泉)に弟子入りし、彼から笑いのテクニック、芸人魂を注入されめきめきと頭角を現していく。しかし時代は演芸場からテレビにメインストリームが移行。タケシは深見の元を飛び出すことを決意するが──。

たけしに陶酔する劇団ひとりが、2014年から脚本を描き続け完成させた注目作だ。


関連記事:「劇団ひとりが好き」30代女性では3割も 映画監督などマルチな活躍を評価

 

■劇団ひとりの人間関係を暴露

ナイツ

この日のイベントMCはナイツ・塙宣之で、イベント冒頭ではキャストである土屋と漫才を披露。先日逮捕された歌手・鬼束ちひろ容疑者をイジりたおすだいぶ攻めたネタを披露し、会場を沸かせた。

大泉洋

その後、各キャストが登場しトークショーに。本作を通して「絆を感じるエピソード」を問われた大泉は、「監督とは(2014年公開の劇団ひとり監督作品)『青天の霹靂』以来で、今回も重要な役柄。絆を感じています」と冒頭こそ大真面目だったが、途端に親友・劇団ひとりの内実を暴露。

「大変人見知りなお方。友達も多くおられる方でもなく、撮影現場でも友達がいないんです。クランクアップが僕だけ早かったんですが、『大泉さん…寂しいっすよ』っておっしゃっていて。僕がいないと話す人がいないんです」とニヤけながら語った。

次ページ
■ご当地料理店と思いきや…

劇団ひとりデビュー小説【amazon】

大泉洋劇団ひとりNetflix柳楽優弥ビートたけしナイツ門脇麦塙宣之鈴木保奈美北野武土屋伸之浅草キッド
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング