吉高由里子、光石研とはなぜか悲劇の親子に 「ハッピーな親子はいつ…」

『最愛』で光石研と親子を演じている吉高由里子。共演のたびになぜか悲劇的な親子になりがちなことを嘆いた。

2021/12/08 19:15

吉高由里子

女優・吉高由里子が8日、公式ツイッターを更新。俳優・光石研との共演についてつづった。

【ツイート】光石研との共演は「毎回つらいの」



 

■「3回も娘でいるんだけど…」

吉高は、TBS系ドラマ『最愛』で光石と共演。吉高が主人公の梨央を、光石は梨央の亡き父・達雄を演じている。

2人は2006年公開の映画『紀子の食卓』などでも親子を演じており、吉高は「光石研さんね、お父さん役でご一緒するの3回目なの。3回も娘でいるんだけどさ、毎回つらいの。悲しい寂しいお別れ方が多いの」と、なぜか悲劇的な親子になりがちなことを明かし、「ハッピーな親子はいつなれるのかしら」と思いを馳せる。


関連記事:宇多田ヒカル、『最愛』第1話で主題歌を初公開 タイトルは『君に夢中』

 

■「すんごい薬」を開発?

続けて、「16年前から本当に全然見た目変わらなくて、ちょっと怖いの」と、光石の外見に全く変化がないことにも言及。

『最愛』の劇中で、梨央が新薬を開発する企業の社長であることになぞらえて「梨央にも内緒で、すんごい薬開発してるのかもしれないね」と茶目っ気をのぞかせた。

次ページ
■ファンからは「不思議なご縁」

ボールド 洗濯洗剤 ジェルボール大容量約5.6倍【Amazonでチェック】

親子ツイッター吉高由里子光石研共演最愛紀子の食卓
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング