セブンイレブン新発売の「牛すき焼丼」 値段はやや高いが見合ったウマさ

創業150年になる柿安本店の「牛しぐれ煮」がセブンで楽しめる。

2021/12/09 05:00

柿安本店監修シリーズ

セブン-イレブンは12月7日から、柿安本店が監修した商品を発売。その中で「牛すき焼丼」(680円)がかなり良かった。


画像をもっと見る

 

■「牛しぐれ煮」がセブンで食べられる

柿安本店監修シリーズ

柿安の代表的商品である「牛しぐれ煮」を丼で味わえる。

柿安本店監修シリーズ

680円と決して安くない価格だけに、肉やその他の具も多い。

柿安本店監修シリーズ

そして地味ではあるが、割り下が多いのも個人的には嬉しいポイント。具を食べ終えたあとに微妙に残ったご飯をかきこむとき、割り下が多いか少ないかで最後の満足感が全然違う。


関連記事:「冷凍惣菜」人気チェーン店の味を自宅で Amazon注目&売れ筋ランキング

 

■具の一つひとつがハイクオリティ

柿安本店監修シリーズ

卵もいい感じにとろっと半熟で、今のところ欠点が見当たらない。

柿安本店監修シリーズ

そして、肝心の味は…ウマい! 牛しぐれらしい甘い味付けで、これ以上甘くなるとご飯とは合わない…という絶妙なライン。肉も柔らかく、その他野菜もシャキシャキとしていて言うところなし。味の好みはあれど、かなり完成した丼だといえる。

このクオリティを出すためなのか、やはり680円という価格は決して安くないのは事実。柿安が好きな人や、ちょっとした贅沢で食べたい人におすすめしたい。

次ページ
■牛すき鍋も登場

柿安本店 料亭しぐれ煮詰合せ RA50【Amazonでチェック】

セブンイレブンコンビニおにぎりセブン-イレブン柿安惣菜どんぶり牛しぐれ煮
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング