霜降り・粗品が亡き父親をネタにする理由とは 「まだその状態なんかなと」

賛否を呼んだ亡き父親をネタにした動画。粗品が見解を語る。

2021/12/09 19:55

霜降り明星・粗品

お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が9日、YouTubeチャンネル『粗品 Official Channel』を更新。亡き父親をネタにした動画に批判が集まったことを受け、身内の死を笑いに昇華する理由を説明した。

【動画】共感呼んだ粗品の動画がこちら



 

■弾き語り動画に賛否

高校生3年生のときに他界した父親を歌にしギターで弾き語る姿を、テレビやYouTubeで披露してきた粗品。このチャンネルでは「余命宣告編」「最後の言葉編」「最後のハグ編」と題し、父親との悲しいエピソードを芸人らしく笑いに変えてきた。

今回の動画で粗品は、「おもしろい」「たくましい」などと称賛コメントが集まった一方で、「不謹慎」「最低」と問題視する声が弾き語り動画に寄せられたと明かす。


関連記事:粗品、新ネタでボケを担当するも疲労困憊 せいやに「お前は凄い」と感謝

 

■まだ中二病の状態?

亡くなった親をイジる行為に腹を立てるのは「僕もめっちゃ気持ちわかるんですよ」。では、なぜネタにするのか。それは「中二病」からくるものだと話す。

身内が亡くなったとき、つらい気持ちは押し寄せてくるとしつつも「もっとチヤホヤされてもいいんじゃないかっていう発想になる」と自分が悲劇のヒロインだと勘違いしてしまうという。

「『もっとみんな憐れんでくれ』『おれのこと、もっとすごいって思ってくれ』って中二病心で思うんですよね」と話した上で「まだその状態なんかなと思います」と口にした。

霜降り明星のおうちでギャラハンティング【Amazonでチェック】

次ページ
■「すごく理解できる」「的を射すぎ」
ギターYouTube中二病霜降り明星粗品
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング