本人の決意ひとつで迅速な安楽死が実現? スイス企業が自殺ほう助カプセルを開発

カプセルに入れば完全にシャットアウト。愛する人々に手を握りしめられながら…という形ではないようだ。

高齢・女性・手・ベッド・睡眠

身体機能が衰え、やがて寝たきりになってしまう重い神経難病や、治療するにも大変つらい副作用が伴い、激しい痛みが予想されるガンなど、重い病に侵された人が選ぶことがある「安楽死」の道。

このほどスイスで、自殺ほう助の新技術を持つマシンが誕生した。『SWISS INFO』『Futurism/NEOSCOPE』など海外のメディアが報じている。

【画像】スイスに自殺ほう助カプセルが誕生



 

■フォルムは近未来の棺?

スイスのエグジット・インターナショナル(Exit International)という企業が、死を強く望む人々の願いをかなえたいとして、『Sarco』というカプセル型の自殺ほう助マシンを誕生させた。

3Dプリンタの技術を駆使したそのマシンは、近未来の「棺」を思わせる斬新なデザインで、なだらかな曲線を描くスマートなフォルム。3機目を製造し、ついに完成に至ったとしている。


関連記事:「死にたい、生きるのが嫌」 自殺ほう助団体に救いを求めた女性が自宅で死亡

 

■自殺やほう助に理解あるスイス

このマシンを自殺ほう助に使用することで、法的な問題が生じる可能性がある。

それについてエグジット・インターナショナルの創設者で、開発責任者でもあるフィリップ・ニッチカ博士は、「然るべき組織から『問題なし』というお墨付きを、昨年のうちにもらってある」と説明している。

自死であっても、安らかに天に召される尊厳ある死と理解し、自殺ほう助を合法とみなす国が海外にはいくつかあるが、なかでもスイスは35年以上の歴史を誇る自殺ほう助の先進国だ。

次ページ
■規制薬物は用いない

死ぬ権利はあるか 安楽死、尊厳死、自殺幇助の是非と命の価値【Amazonでチェック】

話題3Dプリンタスイス合法安楽死窒素翻訳記事尊厳死規制薬物故殺自殺ほう助低酸素症ペントバルビタールナトリウムSarcoExit International低炭酸ガス血症自殺教唆
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング