死にかけてもKカップバストが自慢の女性 「私は整形中毒」「永遠に進化する」

女性は自分の体を不自然だと認めながらも、「大好き」だと語っている。

2021/12/10 20:10

美容整形手術

バスケットボールほどの巨大サイズなバストを誇り、美容整形中毒の女性。手術中に死にかけたこともあるそうだが、「美容整形は絶対に止めない」という。イギリスの『The Sun』などの海外メディアが、1人の女性の変わった半生について報じている。



 

 

■バスケットボール並みのバスト

カナダ・トロント出身のマリー・マグダリーンさん(26)の自慢は、豊胸手術で手に入れたKカップのバストだ。

初めて美容整形をしたのは21歳の時。バストについては、2018年にバスケットボールほどの大きさにまでボリュームアップさせることに成功した。

当時、メディアの取材に応じて「これまでに美容整形に費やした費用は8万5,000ポンド(日本円で約1,300万円)よ」と語り、話題になったこともある。


関連記事:BTSに憧れて整形し「自分は韓国人」宣言 英国人インフルエンサーが議論の的に

 

■性器までデザイン

17歳の頃から、ストリッパーとして働いていたマリーさん。現在はアダルト系SNSの『OnlyFans』でダイナミックな体を惜しげもなくさらし、生計を立てている。

つい最近も、バストに5,000ccの乳房拡張液を入れたばかりだといい、現在のサイズは38J(日本のK85相当)と超巨乳だ。

さらには「これまで受けた手術で一番奇妙なものは、2019年にした性器の手術よ。自分でデザインして形を変えてもらったの」と語り、世間を驚かせている。しかし、マリーさんはその手術で命の危機に瀕してしまった。

次ページ
■出血多量で死にかける

美容整形 「美しさ」から「変身」へ (文春文庫PLUS)【Amazonでチェック】

バスト巨乳豊胸プロポーズ手術整形性器美容整形輸血出血多量ヒアルロン酸ストリッパー副作用セラミック翻訳記事OnlyFans乳房拡張液
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング