岸和田だんじりのミニチュアが話題 作者は「精細でカッコいいことを広めたい」

作者は「迫力さと精密さを両立させている。特に屋根廻りは組みもののボリュームとその美しさに、日本建築技術の魅力が凝縮されている」と語った。

2021/12/10 17:15

岸和田だんじりミニ

江戸中期に始まり、およそ300年の歴史と伝統を誇る「岸和田だんじり祭」は、大阪府岸和田市で生まれ育った庶民の手によって、脈々と受け継がれ育まれてきた。

静と動が織りなすダイナミックな曳行(えいこう)は、今や日本にとどまらずに世界のまつりとして、その名をとどろかせている。そんな岸和田だんじりのミニチュアが、SNS上で話題を呼んでいる。

【画像】完成間近の精巧な岸和田だんじり


画像をもっと見る

 

■作者は祭りにも参加

作者の織広堂さんは、生まれも育ちも岸和田市で現在も祭りに参加中だ。普段は金属加工業を営んでいるが、趣味で岸和田型のだんじり製作を行っている。製作歴は6年だが、完成するまで1台あたり半年かかるという。

しらべぇ編集部の取材に対して「岸和田型だんじりは、ほかの地域のだんじりや山車(だし、さんしゃ)と比較して、腰回りと屋根廻りにボリュームがあり、いずれも精細な彫刻で覆われているのが特徴」と話す。仕上げ彫刻には精密なレーザー加工を施している。


関連記事:日本人が制作する動物彫刻が海外でも大絶賛 「かわいすぎる」とファンも多数

 

■彫刻を主に装飾

全国各地にある山車や鉾・屋台などは、幕、刺繍、飾り金具で装飾されることが多い。それに対して、岸和田型だんじりは彫刻を主として装飾される。この違いは、岸和田に隣接する貝塚に興った岸上一門の影響が大きいという。

岸和田だんじりミニ

岸上一門は由緒ある宮彫師の一門で、日光東照宮をはじめとする多くの優れた寺社建築を手掛けている。

次ページ
■迫力さと精密さを両立

日本だんじり文化論【Amazon】

話題屋台大阪府日光東照宮ミニチュア岸和田市観客山車岸和田だんじり木工品
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング