迷い犬の恩返し 助けてくれた女性の命を救い飼い主と再会へ

迷い犬が、ついに飼い主の元へ。世話を続けていた女性は「別れがつらい」と本音も…。

セラピードッグ・犬

飼い主の家を出たまま、道に迷ってしまった犬。その迷い犬と優しい女性の出会い、また飼い主の家に帰ることが決まるまでの経緯を、『The Daily Star』などの海外メディアが紹介した。



 

■優しい人に救われた犬

アメリカ・バージニア州で暮らす1匹の犬が、今年の夏に外に出たまま道に迷い、飼い主の家に帰れなくなってしまった。

すると、さまよっている犬を見かけた女性が保護し、家のすぐ外に眠れる場所を用意。「バター」と名付け、夜中に寒い思いをしないように電気ヒーターも設置し、大事に世話をするようになった。


関連記事:飼い主の胸を異常に気にする保護犬 「乳がん発覚につながった」と女性が感謝

 

■命がけの恩返し

この電気ヒーターが少し前に故障し、発火して家に燃え移った。それに気づいたバターは逃げ出すことはなく、何度も必死に吠えて女性とその家族を起こしたという。

あわてて出てきた女性の息子が火災に気づき、庭のホースで消火を開始。ほどなくして消防隊員も駆けつけ、消火活動にあたった。

バターのおかげでけが人はなく、家へのダメージも最小限に抑えることができたという。消防隊員もバターの活躍に感動し、「バターくんがいなければ、天井まで火が達していたことでしょう」とコメントした。

次ページ
■飼い主と再会へ

犬の恩返し: さくら京子ショートシリーズ【Amazonでチェック】

飼い主火災恩返し翻訳記事迷い犬
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング