「死者のクローンを作って」の依頼 クローン羊ドリーを生み出した研究者らが困惑

遺伝子操作で大いに物議をかもしたクローン羊は、iPS細胞研究の発展に寄与していた。

羊

世界を震撼させたクローン羊のドリーを生み出した研究者たちは、ドリーと同様の技術で「失った愛する人のクローンを作ってほしい」という人からの懇願に、悩まされたという。『Mirror』など海外メディアが報じている。



 

■大人の細胞によるクローン

1996年、イアン・ウィルムット教授率いるロスリン研究所のチームによって、遺伝性疾患の治療法を模索する研究の一環として「クローン羊のドリー」が生み出された。史上初、成長した羊の細胞から生まれた哺乳類の誕生だった。

この実験に対し動物愛護団体は、科学の発展のために動物の遺伝子操作をすることは、動物たちに大きな苦痛を与えるものとして、激しい抗議活動を展開。

また「ドリーはクローンなんかではない」とする批評家たちや、「神の領域」に踏み込んだとして、宗教家からも激しく非難された。


関連記事:入院先見つからず新生児死亡 フジ榎並アナの涙の訴えに「胸が張り裂けそう」

 

■ドリー誕生の過程

ドリーは、277のクローン実験の中で、唯一生き残ったクローン羊だ。フィン・ドーセット種の6歳の雌羊の乳腺細胞を、他の雌羊の核を除去した未受精卵と融合させた。このハイブリッド細胞に電気刺激で細胞分裂を促し、代理母の子宮に移したのである。

結果生まれたのが、細胞ドナーと同じ遺伝子を持つクローンの雌羊ドリーだった。

次ページ
■生まれるのは赤ちゃん

科学の目 科学のこころ (岩波新書) 【Amazonでチェック】

代理母話題iPS細胞遺伝子動物愛護団体子宮クローン翻訳記事ドリー遺伝子操作遺伝性疾患スコットランド博物館乳腺細胞ハイブリッド細胞未受精卵細胞分裂
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング