ワクチン未接種の女性が新型コロナ重症化 腕と脚を切断し接種を呼びかけ

接種が遅れ、コロナ感染。重症化した女性をさらにつらい運命が待ち受けていた。

2021/12/15 19:30

ワクチン・新型コロナウイルス

ワクチン接種を前に、新型コロナウイルスに感染してしまった女性。重症化したせいで思いもよらない結果に涙したことを、『Metro』などの海外メディアが紹介している。



 

■感染し重症化した女性

アメリカ・コロラド州の病院職員であるペイジ・デイヴィスさんが、娘のキャンディスさん(30)の新型コロナウイルス感染とその後の苦境について、メディアに明かした。

キャンディスさんは基礎疾患もなく元気だったというが、ワクチンを接種する前に感染し重症化。8月17日には生命維持装置が必要になったが持ち直し、命をとりとめたのだという。

しかし、合併症で血栓が複数できて血流が滞ったことから、四肢の切断が必要な状態になってしまった。


関連記事:「ワクチン接種を」と母親が懇願も受け入れず 元気だった大学生が新型コロナ死

 

■現実を受け入れることに

「両腕の肘から下、片脚の膝から下、もう一方の足の半分を切断する必要がある」とキャンディスさんに伝えたのは、母ペイジさんだった。それを聞いたキャンディスさんは「切断が必要なら手術を受けるしかない」と話し、現実を受け入れた。

キャンディスさんはその後に手術を受け助かったが、ショックは大きく、今も涙が出ることがあるという。それでも闘病、そして大手術を経て助かったことで、命を大切にし前向きに生きていこうと頑張っている。

次ページ
■家族の思い

しっかりわかる ワクチンと免疫の基礎知識 (池田書店)【Amazonでチェック】

合併症ワクチン切断血栓新型コロナウイルス重症化翻訳記事未接種
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング