嫁の連れ子を祖母が冷遇 孫差別をにおわす写真公開で批判相次ぐ

血縁はやはり大事…? そのありなしで孫を差別した女性が、ネットで叩かれた。

息子が再婚したものの、新しい妻には連れ子も…。実の孫のように扱えない祖母がネットで物議を醸したことを、『The Sun』など海外のメディアが伝えた。



 

■孫の写真公開で物議

海外で暮らす女性が、大事な孫たちのためにおそろいのかわいいパジャマを購入した。全員を集めて着替えさせ、クリスマスツリーの前に座らせて記念写真を撮影。それをSNSで公開したところ、多くの人たちが驚いた。

孫のうちひとりだけおそろいのパジャマ姿ではないこと、またその子だけが女性と血のつながりがないことが知られていたからだ。女性の息子には妻がおり、その子は妻の連れ子だった。


関連記事:「みっともない」と孫の髪を酷評 身内に毒を吐き続ける義母に嫁がブチギレ

 

■意地悪に気づいた人物が激怒

息子の妻と親しい友人が写真に気づき「なんて意地悪なことをするのだろう」と腹を立て、SNSの地域住民グループでその写真をシェア。「心というものがない人間もいるものだ」というキャプションを添えたところ、またしても大勢から驚きの声があがった。

「友人の義母は孫全員にパジャマを買ったのに、友人の連れ子だけ差別したの」と説明を加えたところさらに多数の目にとまり、さまざまな意見が書き込まれた。

次ページ
■義母に批判が噴出

祖母力 娘・嫁・息子を救い孫を守る愛の手 (講談社+α文庫)【Amazonでチェック】

差別祖母意地悪連れ子血縁翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング