過去最多の新型コロナ感染者数が出たイギリス ワクチン追加接種は妊婦も優先に 

イギリスはここ数日で過去最多の感染者数を記録。いずれ日本でもオミクロン株は猛威をふるうだろう。

2021/12/17 15:30

コロナワクチン

新型コロナウイルスのオミクロン株が、数日前から大変な猛威をふるっているイギリス。この国では、感染した場合の重症化が懸念される妊婦が、ぐんと早くワクチンの追加接種を受けられることになったようだ。『Metro』などが伝えている。



 

■猛威をふるうオミクロン株

アメリカでは、オハイオ州立大学で分子生物学を教えるサラ・コーコラン博士たちが、新型コロナウイルスのオミクロン株は肺ではなく気管支で増殖し、そのスピードはデルタ株の70倍速いと発表して波紋を広げている。

またイギリスでは15日に、1日の新規感染者が7万8,610人を記録。これは、過去のロックダウン決定時の感染者数よりも多い。専門家たちは「ほとんどが無症状で重症化もしない、といった楽観視は禁物」と指摘。実際に患者の死亡が報じられるようになってきた。


関連記事:献血を優先し新型コロナワクチン接種が遅れ… 基礎疾患のない30代男性が死亡

 

■妊婦も優先接種の対象に

そうした状況のなか、イギリスでは英国健康安全庁(略称:HSE)や種痘および予防接種に関する合同委員会(略称:JCVI)が、ワクチン接種3回目(ブースターショット)の対象として「妊婦を優先させる」と発表した。

これまでJCVIが示してきた優先順位のトップは「介護施設などの入居者、医療介護従事者、70歳以上の高齢者、重い基礎疾患を有する人々」。

それに「健康な65~69歳」が続き、次の「基礎疾患を有し重症化が予想される16歳~64歳」というグループに、今回妊婦が新たに加わる。前回の接種から3ヶ月が経過したら、早めの接種に備えてほしいという。

しっかりわかる ワクチンと免疫の基礎知識 (池田書店) 【Amazonでチェック】

次ページ
■妊娠すると免疫力が低下
妊婦ワクチン新型コロナウイルス新型コロナウイルス感染症重症化翻訳記事新型コロナワクチン追加接種ブースターショットオミクロン株
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング