関口宏、ゲスト出演した萩野公介のケガを惜しむ 「あの事故さえなきゃ」

リオオリンピック水泳金メダリストの萩野公介氏がゲスト出演。関口宏が「自転車事故がなければ…」と惜しんだ。

2021/12/19 11:30

関口宏

19日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)に、リオオリンピック水泳400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介氏がゲスト出演。関口宏がその功績を称賛するとともにケガを惜しんだ。



 

■萩野氏の選手時代を紹介

『サンデーモーニング』初登場の萩野氏。冒頭で、生後6カ月から水泳を始め、ライバルである瀬戸大也選手との死闘や、リオオリンピックでの金を含む3つのメダル獲得したことが紹介される。

そして2015年に同氏が自転車に乗っていた際、右肘を骨折してしまったことがテロップで表示され、関口が「自転車に乗ってて事故を起こして休養しなくならければいけなくなっちゃって、うーん」とコメント。

最後に今年の東京オリンピック水泳200メートル個人メドレーで引退を発表する映像と、引退記者会見で「すごくカッコいい競泳人生だった」と語った様子が放送された。


関連記事:萩野公介選手、競泳レース後の取材での一言に反響 「もらい泣きした」

 

■張本勲は功績をたたえる

張本勲氏は萩野氏に「いやあ、後で出てくる瀬戸と、日本の水泳界を引っ張ってくれたことは間違いないから、その功績は大ですね。これからこういう選手を作ってもらいたい」とエールを送る。

萩野氏は「後進の指導にはあたられる?」という関口の質問に「あまりそういうことに自分自身向いてないかなっていうふうに思うところもあるんですけれども、ただ自分がいろいろ経験してきたことを何か伝えられればいいなって感じています」とコメントした。

次ページ
■関口「あの事故さえなければ」

関口宏・保阪正康の もう一度! 近現代史 戦争の時代へ【Amazonでチェック】

水泳東京オリンピック張本勲関口宏サンデーモーニング競泳萩野公介瀬戸大也
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング