ビートたけし、『Nキャス』降板の理由を説明 「10時からの生放送はキツイ」

『Nキャス』ビートたけし、番組降板の理由を明かす。週刊誌に「嘘ばっかりで困っちゃうね」と否定した。

2021/12/19 10:35

ビートたけし・北野武

19日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』にビートたけしが出演。14日に報道された「『Nキャス』降板」について自ら語った。



 

■「10時からの生放送はキツイ」

進行の安住紳一郎アナから話を降板について話を振られるとたけしは「来年になると俺も後期高齢者になって、体のこと考えたら生放送の10時からって体がキツくて。番組やめたいと言った」と降板は自ら申し出たことを明かす。


関連記事:ビートたけし、日本シリーズ延長で遅れた生放送にぼやき 「2回ひげそっちゃったよ」

 

■週刊誌の報道を否定

一部週刊誌やネットニュースでは、「ギャラで揉めた」「局から降板させられた」とも報じられていた。

そのことについては、「俺のこと書けば売れると思っているから…でも、たんなる自分の都合でやめるんで、どうもすみませんね」「体調が第1の理由で。あとは話に尾ひれがついて。嘘ばっかりで困っちゃうね」と否定。

次ページ
■「徐々にレギュラーを減らす」発言も

ビートたけし『芸人と影』【Amazonでチェック】

テレビ週刊誌降板ビートたけし安住紳一郎新・情報7daysニュースキャスターNキャス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング